よくあるご質問

銀河ステージが提供している各種葬儀や供養に関して、よくある質問をまとめています。「スペースメモリアル(Space Memorial)」を始めとする各供養プランの詳細については、それぞれのサイト/ページを御覧ください。

各種供養について

Q 夜中や休日でも、葬儀や供養についてご相談できますか?
A はい、24時間対応しています。特にお葬儀は急なことなのですぐにでもお電話下さい。
Q 葬儀や供養にともなう役所への手続きは、どうしたらよいでしょうか?
A 執り行う内容によって手続きも異なります。まずは担当者にご相談下さい。銀河ステージが、ご遺族様に代わって手続きを代行できる場合もございます。
Q 家族や近所の方に知られず相談したいのですが?
A 日時をお伝えいただければ、指定の場所へお伺いしての打ち合わせが可能です。資料などは銀河ステージとわからないようにお送り致しますので、ご相談下さい。
Q 宗教に関係なくできますか?
A 問題ございません。銀河ステージでは、仏式はもちろん、特定の宗教によらない家族葬、また様々なお見送りの方法として「スペースメモリアル(宇宙葬)」「オーシャンメモリアル(海洋散骨)」「グリーンメモリアル(樹木葬、自然葬)」ほか、ご自宅で可能な「てのひら供養」などをご提案しております。ご本人様の生前のご希望、御遺族様の想いにふさわしい葬儀、供養をご選択いただけます。
Q 宇宙葬とはどういうものですか?
A 亡くなった方のご遺灰を宇宙に散骨する供養方法です。一般的に宇宙葬と呼ばれるものには幾つかの種類がありますが、銀河ステージでは、ご遺灰を収めたカプセルをロケットに搭載し宇宙に送り届ける「スペースメモリアル」(商標登録済み)を施行しております。詳しくは、スペースメモリアル特設サイトを御覧ください。
Q 海洋散骨とはどういうものですか?
A 亡くなった方のご遺灰を海に流す供養方法です。銀河ステージの海洋散骨「オーシャンメモリアル」(商標登録済み)では、ご希望の海域にて供養を執り行い、その時のお写真と海域の座標、時間を記録した記念品をお渡ししております。詳しくは、オーシャンメモリアル特設サイトを御覧ください。
Q 宇宙葬や海洋散骨に関して、法律上の問題点はありませんか?
A 日本では「墓地、埋葬等に関する法律」により「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と定められていますが、宇宙や海への散骨に関しては「葬送の一つとして節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪には当たらない」というのが法務省の見解として発表されています。
Q 自分が他界したときのために、宇宙葬や海洋散骨を予約することはできますか?
A 銀河ステージでは年齢性別健康状態に関わらず、皆様の生前予約を受け付けております。詳しくは弊社にお問い合わせください。
Q ペットの葬儀や散骨も相談できますか?
A 銀河ステージでは、ペットの葬儀、散骨ともに承っております。現在、葬儀についてはペットセレモニー「チロ」にて、散骨については「オーシャンメモリアル」にてご相談に応じております。
Q お墓や納骨堂に納めている遺骨の一部を散骨することはできますか?
A 問題ございません。「別の」お墓や納骨堂にご遺骨を納める場合には、分骨手続きが必要ですが、海洋散骨の場合にはそうした手続きも必要ありません。また近年ではお墓の管理が難しいなどの理由から、「墓じまい」といって、お墓を片付けてご遺骨を散骨される方が増えています。銀河ステージでは、墓じまいについても承っておりますのでご相談下さい。
Q 散骨を申し込んだ場合、お骨はそのままお渡しすればよいのでしょうか?
A 多くの場合、ご遺骨はきれいに「洗骨」し、その後「粉骨」してパウダー状にしてから散骨いたします。お手元のご遺骨の状態によっては、そうした手順が必要ない場合もあります。銀河ステージは洗骨、粉骨もお引き受けできますので、まずは担当者に状況をお知らせ下さい。
Q 散骨は他界してからどのくらいの時期に行なうものですか?
A 特に決まりはありません。葬儀後すぐに行われる方もいますし、中陰の法要後や一周忌などの節目に行われる方もいらっしゃいます。個人様やご家族様のご納得のいく時期に行ってください。
Q 遺骨は全て散骨しないといけませんか?
A 散骨するご遺骨の量については、ご自身でお決めいただけます。全てでも、一部でも問題ございません。ご遺骨の一部を手元に置いて供養される方もいらっしゃいます。
Q 手元で供養したいのですが?
A 手元供養品については様々な種類がございます。銀河ステージでもご紹介できますので、担当者におたずねいただくか、こちらのサイト「てのひら供養」も御覧ください。
Q ペット用の供養品はありますか? また供養品のみ購入できますか?
A はい、ございます。詳しくはサイト「てのひら供養」のカタログを御覧ください。

遺骨ダイヤモンドについて

Q 遺骨はどのくらいの量必要でしょうか?
A リングやペンダントであれば、米粒一粒程度の遺骨で1つ製作が可能です。
ダイヤは約500g、ルビーは約200g、サファイアは約50gの遺骨が必要です。
Q オーダーから手元に届くまでかかる日数は?
A リング・ペンダントであれば40日程度、ダイヤ・ルビーは6ヶ月~8ヶ月程度、サファイアは3~4ヶ月程度の製作期間をいただいております。
Q 経年変化はありますか?
A シルバーは若干、経年により変色いたします。理由は「本物」だからです。
メッキは変色しませんが、少しの衝撃でも傷がつきやすい他、どこか“作り物”感の漂うお品に仕上がってしまいます。当社の遺骨ジュエリーは身に付ける方と共に時間を重ねてゆきますので、本物志向の方に喜んでいただいております。
Q メンテナンスなど必要ですか?
A 特に必要ありません。
Q 宝石のカットデザインは選べますか?
A ダイヤ、ルビー、サファイア全てお選びいただけます。詳細はお問合せください。
Q 手元に残っている遺骨が少ないのですが、製作は無理でしょうか?
A 製作可能です。
例えば遺骨ダイヤは、遺骨中に含まれる炭素を抽出し、人工的に高温高圧合成法 (HPHT) または化学気相蒸着法 (CVD) などの方法で製造されます。万が一遺骨が足りない場合でも、別のもので補える場合がありますので先ずはご相談ください。
Q 故人は投薬治療をしていたので骨がもろいのですが問題ありませんか?
A 問題ありません。
ただし骨密度によっては難しい場合もあります。骨粗しょう症であった方の遺骨などは、製作規定量以上の遺骨が必要になる場合もあります。
Q 人間以外、ペットの骨でも製作可能ですか?
A 製作可能です。ペット向けの供養品はこちらで販売しております。(特設サイト
Q 余った遺骨の扱いは?
A お客様へのご返却、弊社による処分共に可能です。
弊社による処分をご希望の場合、責任を持ってしかるべき方法により処分いたしますのでご安心ください。
Q 墓終いすることになりました。かなり古い遺骨でも製作可能ですか?
A 製作可能です。
ただ、あまりに遺骨が古すぎる場合は、追加費用をいただく(かび、汚れなどが酷い場合)場合がありますのでご了承ください。
Q 証明書などは発行していただけますか?
A はい。品質を保証する鑑定書をお付けしています。
Q 複数人の遺骨や、ペットの遺骨を混ぜて製作することはできますか?
A 基本的に製作可能です。
ペットの遺骨ジュエリーに関しては、同時に数匹が亡くなった飼い主様からの依頼による製作実績があります。
Q 遺骨を加工するための手続きなどは必要ありますか?
A 製作前に、埋葬許可証・火葬許可証のご提示をお願いしています。
原本提示か、遠方の場合はコピーを郵送していただくなどの方法でも結構です。